2022年8月3日水曜日

2022年8月3日 天白農園日記Ⅱ 酷暑の中の農作業

 この連日の暑さには参りますね!

 今年6月としては国内では史上初の40度超えを群馬県内で観測。この数日も各地で40度超え、もしくは40度に近い危険な暑さを観測し、気象庁は熱中症等の警戒を呼び掛けています。 

 本来気象庁の定義では、最高気温35℃以上の日を「猛暑日」、夜間の最低気温が25℃以上は「熱帯夜」としているものの、実はそれ以上の気温については定義されていないそうです。

 そこで昨日8月2日に日本気象協会では、所属する気象予報士130名からアンケートをとり、40℃以上の日を「酷暑日(こくしょび)」、夜間の最低気温が30℃以上の夜を「超熱帯夜(ちょうねったいや)」と呼ぶことにした。「酷暑日(こくしょび)」「超熱帯夜(ちょうねったいや)」は日本気象協会独自でつけた名称であり、気象庁が定義しているものではないと発表しています。
 インドでは50度超えになっているとか、そうなったらどんな名前を付けるか興味が膨らみますが、老いた小生は心地良い気候を期待したいです。

 今日も、とにかく暑かったです。そんな中、元気な野良サポーターの皆さんは沢山参加してくださいました。
参加者は、サポーターから坂野清久農業指導員、石川博恵、大庭由美子、川原田みどり、小林佳子、酒井徳子、鈴木 豊、土井典江、中尾武美、渡辺道代、長岡一文、古田不佐江、伊藤道子、山田智和、徳田秀行、筆者(山田組 土井敏彦)16名(順不同敬称略)。平針学区子ども会の役員から木下真理絵さん、阪本玲子さん。計18名でした。
そして、夏休み中であることから、阪本さんの息子さん阪本啓太君(小学校1年)と、小生の孫 浦田悠叶(年長)と真帆(3歳)も特別参加してくれました。

 作業内容は、①ニンジンの種蒔き ②サツマイモ畑のツル返し ③除草 ④秋野菜用の畝作り ⑤夏野菜の収穫でした。

朝礼の様子。坂野指導員から9月以降の作業を説明されました。

9月には、A区画にダイコン、カブの種蒔き。C区画にビーツの種蒔き、ブロッコリー定植の予定されています。

A区画でニンジンの種蒔きの前の除草作業。

ニンジンの種蒔きするためのマルチ切り

ニンジンの種蒔き

同上

種蒔き後、保湿の為もみ殻で覆い水を撒く作業。

サツマイモ畑のツル返し 2畝

C区画 畝の間を除草

周辺の方に迷惑かけないように、道路の際まで除草してもらいました!

草刈り機で健闘!素手ではとてもかないません。

C区画の畝作り 9月からの秋野菜畑用の準備

同 上

同上 休憩を惜しんで作業してくれました!

D区画 自由耕作地のマルチ張り。啓太君が手伝ってくれました。

木下さんの指導を受けて、小生の孫がマルチ張りの手伝い!

子ども達と一緒にマルチ張り完成でーす。

ナスの収穫。もうわずかですかね?

トマトの収穫。こちらはまだまだ?

キュウリ大好きな孫たち。沢山獲れましたね。大きさにビックリ。

空心菜の収穫。ニンニクと炒めてビール最高!

大きなスイカ。まだまだ。今日で14個目の収穫。素晴らしい!

作業終了後に皆なでスイカを頂きました。最高です!

今日も暑く、熱中症対策で作業は1時間半で切り上げました。
この暑さでは耐えられません。
しかし、最後にスイカで癒されました。子ども達からも「あま~い」とお褒めの言葉を頂きました。子どもは正直です。

今後の作業日程は、
 8月は12日㈮、26日㈮、
 9月は9日㈮、21日㈬、30日㈮ いずれも午前9時からです。

夏本番。くれぐれもご自愛ください!
 
 
 

2022年8月1日月曜日

2022年7月29日 天白農園日記Ⅱ 真夏に秋野菜の準備!スイカで癒し!

  今年の夏は気象庁泣かせの天候ですね。梅雨の期間を特定しにくく、初夏に真夏並みの猛暑が連日襲い、そうかと思えば戻り梅雨のような連日の雨。科学がいくら進化しようとも、天気を長期に予想することがいかに難しいかよくわかりますね!そこそこの天候を期待します。

 今日は、小生が他用で作業に参加できませんでしたので、坂野清久農業指導員にお願いして、作業内容や写真を送って頂き、その資料を基にブログを作成しております。

資料によりますと、

・暑さも本格的になり熱中症対策として作業を1時間半で切り上げた。

・女性陣には追肥作業と収穫、男性陣には秋野菜用の畝つくりとサツマイモのツル返し、

 草刈りをお願いした。

・休憩時間には、取れたての甘いスイカで癒した。

・今日の参加者は、坂野農業指導員、大庭由美子、川原田みどり、黒木真澄、黒木佳子、

 酒井徳子、鈴木祝子、中尾武美、山内君子、吉田不佐江、小林久美子、山田智和、徳田秀

 行(順不同敬称略)の13名。

・今日の作業内容は、①夏野菜の追肥作業、②秋野菜用畝作り、③サツマイモ畑のツル返

 し、④草刈り作業と自主耕作地の整地、⑤収穫

とのことでした。


ナス、ピーマン、ミニトマト、キュウリの夏野菜に追肥。 

ピーマンの収穫状況


     男性陣は秋野菜用の畝つくり。ここでは今後エンドウ、
ソラマメ、ブロッコリーを植える予定です。3畝

マルチ張り。


3畝 完成の様子。

サツマイモ畑のツル返し 2畝

同 上

同 上

草刈り作業

女性陣の自主耕作地の整地

休憩時間に取り立てのスイカで癒し。いい色してますね。

夏はやはりスイカですね!今年は自作のスイカ。最高ですね!

今日の収穫物 キュウリ、ピーマン、ミニトマト、空心菜

大変蒸し暑かった様子。ご苦労様でした。
今年は良いですね。自分たちで育てたスイカで身体を癒すことが出来て。
最高ですね!

今後の作業日程は、8月3日㈬、12日㈮、26日㈮ いずれも午前9時からです。

夏本番。くれぐれもご自愛ください。





2022年7月20日水曜日

2022年7月20日 天白農園日記Ⅱ 夏野菜の整枝・剪定、芋のツル返し、除草、整地、スイカ・ナス等の収穫

   連日各地で本来の梅雨末期を思わせるような大雨が続いておりますが、幸い今日は天候に恵まれ予定どおり作業を行うことが出来ました。

作業に入る前に、坂野清久農業指導員からナスの剪定の仕方について、再度教えて頂きました。何回も指導を受けておりますが難しいです。「えっ。そこまで枝を切っちゃっていいの」と思うのは小生だけでしょうか?しかし、この剪定がその後の生育に欠かせないですね。いつも感心しております。


①基本的には2本仕立て(枝)を維持
②側枝のナスを収穫したら、その下の枝も切る。
③着花を確認したら、その上の葉を2枚残して摘芯する。

今日の作業は、①夏野菜の整枝・剪定、②サツマイモのツル返し、③除草、④整地、⑤スイカ・ナス等の収穫でした。

今日の参加者は、野良サポーターから、坂野指導員、石川博恵、大庭由美子、川原田みどり、酒井徳子、鈴木 豊、土井典江、中尾武美、長岡一文、古田不佐江、伊藤道子、山田智和、徳田秀行、小林久美子、筆者(山田組 土井敏彦)の15名、平針学区子ども会から、一番ヶ瀬通陽、木下真理絵、西江春菜の3名 計18名(順不同敬称略)でした。

ナスを収穫しながら剪定整枝作業。要領を習得できましたか?

トマトの整枝。枝を余り高く伸ばさず、横に伸ばすのがコツの様です。

ほら。こんなにスッキリ。これでいいんです。期待しましょう!

トマトも同様!

子ども会の役員さんは、サツマイモのツル返しの方法を
坂野指導員から教えてもらいました。

ツル返し作業。蒸し暑かったですね。ご苦労様でした。

ツル返しを5畝もやって頂きました。助かりました。

カボチャ畑にも草が一杯!

綺麗になりました。

徳田さんの出番。助かります!

長岡さんがC区画を整地作業。次は何を植えるかな?

綺麗になりました。排水路も!

スイカの収穫。立派ですね!皆な笑顔満開!

休憩時、子ども会の役員さんにも冷やしたスイカを食べて貰いました。
美味しいと褒めて頂き、最高!!

今日もスイカで乾杯!

初めは涼しかったのですが、徐々に蒸し暑くなり、たまりませんでしたね。
沢山の方が参加してくださり、大いに捗りました。

子ども会の方のツル返し作業。大変ご苦労様でした。これで芋に栄養分が行き届き、大きく育ちますよ。ありがとうございました。残りは次回やりましょう。

今後の作業日程は、7月は29日㈮、
         8月は3日㈬、12日㈮、26日㈮ 
午前9時からです。

コロナ第7波の感染拡大が心配ですね。熱中症と共に気を付けてお過ごしください。