2021年7月24日土曜日

2021年7月23日 天白農園日記Ⅱ 秋作にむけての準備

 いよいよ東京オリンピックが始まりました! 直前までいろいろな問題がありましたが、オリンピックは特別なパワーを持っています。是非問題なく安全な試合が続行され、アスリートが日頃の練習の成果を十分にが発揮され、私達に感動と夢を与えてくれることを願って、テレビ・ラジオを通じて応援します。

我々天白農園も感動と夢をもって農作業に励みましょうか! 

さて今回は、小生が急に用事が出来てしまい欠席せざるを得なくなり、野良サポーターの皆さんに大変ご迷惑をお掛け致しました。ですから、今日の内容は、坂野清久農業指導員からの連絡内容で記載いたします。

今日の参加者は、坂野清久指導員、石川博恵、大庭由美子、川原田みどり、小林佳子、酒井徳子、鈴木祝子、鈴木 豊、高柳 貴、中尾武美、増井玲子、山内君子、伊藤道子、徳田秀行(順不同敬称略)の14名人でした。とても暑い中、沢山の方に参加いただきありがとうございました。

作業内容は、秋作に向けての準備でした。1 A区画ニンジン畝つくりと耕起作業 ②B区画草刈り作業と刈った草集め残渣処理 ③C区画水やり ④収穫 ⑤水やり当番選でした。

A区画ニンジン畑準備 耕起

ニンジン畑 畝作り、マルチ張り

ニンジン畑 畝完成

B区画の耕起  貫禄がありますね!

A区画の除草  この作業が辛いですね!

A区画の除草 頼もしい姿ですね!

B区画の除草

B区画の除草 暑かったでしょう!

B地区の除草     

A区画の除草 ありがとうございます!

A区画の除草

夏野菜に水やり。いつもありがとうございます。タップリあげてくださいね!

カボチャの収穫。天白農園のカボチャは美味しいですね!

収穫物の仕分け

除草したものを残渣処理へ。

 今後の作業予定
  8月6日㈮ 8月20日㈮ 午前9時から

 大変暑い中をご苦労様でした!

 私達も水分をよく補給し、暑い夏を乗り越えましょうね!
 まだまだコロナを油断しないでくださいね。

















2021年7月16日金曜日

2021年7月16日 天白農園日記Ⅱ スイカ栽培 残念!

  梅雨の後半らしくこの数日は雷雨が凄かったですね。晴れていても安心して窓を開けて外出できなかったです。東海地方もいよいよ梅雨明けが近いようです。そんなぬかるんだ天白農園で今日も予定どおり作業を行いました。

 しかし残念なお知らせです。ガッカリ。先回まで順調に育っていたスイカのツルが枯れてしまっていたのです。


今年は、昨年の苦い経験を活かし、雨除けシート、防草シート等を準備したのですが駄目でした。坂野清久農業指導員の話では、「この状態をツル枯れ病といい、降水量が昨年同様に多く、この農園は赤土で水捌けが悪いのが原因ではなかろうか」とのことで来年へのリベンジを誓い、小さいまま感謝を込めて休憩時間に皆なで頂きました。まあそれなりに「スイカ」でした。



さて今日の作業内容は、①B地区の除草とキクイモの枝切 ②落花生のマルチ剥がし、追肥、ネット張り ③ニンジン畑の準備 ④資機材置き場の整理でした。
暑さと蚊が多いのに苦労しました。

今日の参加者は、坂野清久指導員、大庭由美子、川原田みどり、鈴木祝子、鈴木 豊、土井典江、中尾武美、山内君子、長岡一文、伊藤道子、山田智和、徳田秀行、山田組筆者(土井敏彦)の13名(順不同敬称略)でした。

坂野指導員から気象データを基に、今年上半期は気温高く、降水量が多い。日照時間が少ない。と説明があり、水を嫌うスイカには辛い環境だったとスイカ栽培の難しさを振り返りました。又、家庭菜園にお勧めの野菜として、アスパラガス、葉物野菜、ニラ、ワケギ、ラッキョウについてアドバイスを受けました。

今日の作業状況
B地区の除草前の様子 草ぼうぼう。

除草作業中。汗だくで!開拓精神か?

綺麗に除草されました。やはりマンパワーです!

落花生のマルチ剥がし。女性も力強い!

落花生にネット張り。侵入者防止。

ニンジン畑の準備 畝作り。暑さの中、ご苦労様でした。

小屋横の資機材置き場の整理。きれい好きな野良サポ。

資機材置き場の底部分が腐っている状況

徳田秀行さんが敷板を修繕してくださり、このとおりバッチリ。

無事、上手く資機材を載せることができました。何でも整理整頓が第一歩ですか?

皆さん、スイカは残念でしたが、気を持ち直し又暑さと蚊の攻撃にも耐えてご苦労様でした。
小さくてもスイカはスイカでしたね。また来年リベンジしましょう🍉🍉🍉

今後の作業日程は、
 7月23日㈮  8月6日㈮ 8月20日㈮  いずれも午前9時からです。

今日もご苦労様でした。
間もなく梅雨明けで、暑い熱い夏が始まります。コロナと共に熱中症にも気を付けてお暮しください。



2021年7月7日水曜日

2021年7月7日 天白農園日記Ⅱ 酒涙雨(さいるいう)の中の農作業

  今日7月7日は七夕(たなばた)。残念ですが今夜の星空は望めないようですね。七夕に降る雨をタイトルに使った酒涙雨(さいるいう)と呼ぶそうです。一年に一度しか会えず、別れを惜しんで流す雨を意味するらしいです。そもそも織姫と彦星は何故別れ別れになってしまったんでしょう。何故七夕に願い事を短冊に書いて吊るすのでしょうか。そんなことをいろいろ調べてみると面白いです。七夕伝説として書いてありました。答えは後半に書くこととします。

 そんな雨の中、お構いなしに(失礼!)使命感で集まってくださった野良サポーターで、除草と収穫を行いました。開始30分位で雨が激しくなりましたので残念ながら作業を中止としました。

集まったくださった野良サポーターは、坂野清久農業指導員、大庭由美子、鈴木 豊、土井典江、中尾武美、長岡一文、伊藤道子、山田智和、山田組筆者(土井敏彦)の9名でした。隣の区からバスで来てくださった方もみえます。本当に感謝です。

スイカが心配です。昨年は失敗してしまいましたからね。スイカは雨が苦手です!

サツマイモ畑は順調です!雨の日が多くなかなか除草作業が出来ません。

カボチャ畑も順調!大きく育ってね。

今年から始めた大玉トマトも順調です🍅🍅

今日の収穫は、ナス、トマト、ピーマン、キュウリでした。ナスが大きいです。

雨の中、熱心に参加して下さった今日の野良サポーターでーす👍


何故織姫と彦星は天の川の両岸に別れ別れになってしまったんでしょうか。何故七夕に願い事を短冊に書いて吊るすのでしょうか。

七夕伝説をインターネットで調べましたら、次の記載がありました。(一部省略)

 昔々、天の川のそばに住んでいた神様は、機織りが上手で働き者の織姫にお婿さんをむかえてやろうと考え、働き者で天の牛を飼っている彦星と引き合わせました。2人はひと目で恋に落ち結婚しました。ところが結婚すると仕事を疎かにして遊んでばかりで、働かなくなってしまいました。そこで怒った神様は2人を天の川の両岸に引き離してしまったのです。織姫が泣いて悲しんだため、今後心を改め一生懸命働くならば、年に一度、七夕の夜だけ2人が会うことを許すようになった。というあらすじです。

雨が降ったら2人は会えないのか?安心してください。鵲(かささぎ)と言う鳥の群れが橋を作って会わせてくれると言う伝えもありました。昔話は面白いですね。勉強になりました。

織姫は機織りがとても上手であったことから、手芸や裁縫の上達を願う風習につながり、願い事を星に託すことになったようです。

私達も楽しみだけを求めず、しっかり農作業に励まなければなりませんね!

いまNHKニュースで7月13,14日頃に梅雨明け予報が出ました!

今後の作業日程は、7月16日㈮ 23日㈮ 午前9時からです。

今日もご苦労様でした!今日は余分なことを書き過ぎました。ごめんなさい😓

 



2021年6月23日水曜日

2021年6月23日 天白農園日記Ⅱ 除草、スイカの整枝・受粉と夏野菜の収穫

  今年の二十四節気の一つ、夏至は6月21日でした。今が一年間で最も昼が長い時ですね。冬至にカボチャ(南瓜)を食べる習慣はよく耳にしますが、夏至は何を食べるのでしょうか?あまり聞いたことがありません。特別なものはないようですが、一部トウガン(冬瓜)と答える方も多いようです。冬の字が使われていますが、トウガンは、れっきとした夏野菜です。なんでも水分を多く含んでおり、果実は体を冷やす効果があるため、熱中症や夏バテを防ぐのに期待できるのが理由とか。夏野菜のトウガンに冬の字が使われる由来の一つに、冷暗所に保存すれば翌年の初春まで保存できるかららしいです。勉強になりました。

天白農園で現在栽培中のカボチャ(南瓜)です。まだ小さいですが! トウガン(冬瓜)でなくてすいません!

 さて今日も予定どおり作業を楽しく行いました。途中雨に降られましたが、それはそれなりにビニールシートを傘替わりして、子供のようにはしゃぐ初老グループの様子が愉快でした。

今日の作業は、①サツマイモ畑の除草 ②スイカの整枝と受粉 ③夏野菜の収穫でした。

参加者は、坂野清久農業指導員、大庭由美子、小林佳子、鈴木 豊、土井典江、中尾武美、増井玲子、渡辺道代、長岡一文、古田不佐江、伊藤道子、山田智和、徳田秀行、山田組筆者(土井敏彦)(順不同敬称略)の14名でした。

除草前のサツマイモ畑 畝間に草がぼうぼう!

野良サポーターの皆さん。やる気満々!

ところが途中から雨で作業中断!

約30分位中断した後 再開。こんなに綺麗になりました。坂野指導員曰く「サツマイモの苗の成長が少し遅い」とのこと。

スイカの受粉作業を坂野指導員から実施指導される古田さん。とても熱心な方です!

スイカの赤ちゃん誕生。もっともっと大きくな~れ🍉

大玉トマト🍅の収穫。楽しいですね。赤くなくても収穫して1週間ほどすれば赤くなるそうです。

ピーマン🍏を収穫するピーウーマン3人娘。ビタミン類が豊富。特にビタミンC。血管や肌、骨などを健康に保ち、コレステロール値を下げる働きがあるそうですよ!

こちらはナス🍆の収穫。いろんな料理ができますね。皆さん 腕を振るってくださいね!

落花生、空芯菜も順調!

カボチャ(南瓜)も順調

サトイモも順調でーす。

今日もご苦労様でした。突然の雨にびっくりしましたが、童心に帰り思い出になりました。
野菜の成長には驚かされる日々です。野良サポーターの方が言ってみえましたが、夏野菜の成長はイギリス童話の「ジャックと豆の木」のようだって。本当にそう思います。

7月の作業予定は、
7月7日㈬、16日㈮、23日㈮
なお2日(㈮は臨時の収穫日です。
いずれも午前9時からです。

コロナと熱中症に気をつけてくださいね。








2021年6月18日金曜日

2021年6月18日 天白農園日記Ⅱ 夏野菜の収穫と、ジャガイモで収穫祭

  6月4日に予定していたジャガイモの収穫祭が大雨のため中止となり残念でした。そもそも収穫祭とは、作物の無事の収穫を祝うため農村で行われる祭祀行事です。世界中の国々で様式こそ違いますが行われ、日本では伝統的な行事として新嘗祭(にいなめさい)や神嘗祭(かんなめさい)があります。村々の鎮守様で、また大学の農学部でも学園祭を収穫祭と呼んで行われています。いずれも感謝の気持ちから行われていることですね。我が天白農園も神様にお供えしませんが、この農園に関わる皆さんへの感謝の意を込め、野良サポーターが収穫した作物を一緒に食することでその意を表し今日行いました。

 今日の作業は、まず坂野清久農業指導員から配付資料に基づき「ナスの剪定要領」主軸と側枝の整え方、花芽の摘み取り方、側枝の剪定方法を教えて頂きました。続いて、①ジャガイモ、ブロッコリー、キュウリ、ナス、ミニトマト、ズッキーニ、ダイコン、ピーマン、ツルムラサキの収穫 ②ジャガイモ畑、ブロッコリー畑の撤収と整地 ③夏野菜への追肥でした。

 今日の参加者は、坂野指導員、大庭由美子、川原田みどり、酒井徳子、鈴木祝子、鈴木 豊、高柳 貴、土井典江、中尾武美、増井玲子、山内君子、渡辺道代、長岡一文、古田不佐江、伊藤道子、山田智和、徳田秀行、山田組筆者(土井敏彦)の18名(順不同敬称略)でした。

作業の休憩時間に、ジャガイモで収穫祭を行いました。野良サポーターの皆さんいつもご苦労様です!笑顔いっぱ~い!

ジャガイモを茹(ゆ)でバター味と塩味で頂きました。山内総料理長が昨夜漬けたキュウリのお漬物も添えてくれました。ジャガバタとても美味しかったです。皆なで食べると一段に美味しいですね👍

調理班の皆さん、お世話をお掛けしました!ありがとうございます。

見て見て!これズッキーニだよ。ヘチマみたいに大きく育ったものもありました。味は変わらなく美味しいとのことです。

ジャガイモ収穫第1班

収穫第2班

これで最後の半分。ほらこんなに沢山獲れました。感謝 感激!

ブロッコリー畑の撤収

ブロッコリー畑の整地

ジャガイモ畑の整地

ナスの収穫 こちらも大きいよ!

ミニトマトの収穫 甘いよ!

ピーマン、ツルムラサキの収穫 栄養たっぷり!

坂野指導員によるナスの剪定の実施指導の様子。



今日の収穫物で~す‼

カボチャもこのとおり順調に育っています!楽しみ😄

今日もご苦労様でした。収穫祭も無事に終わり良かったです。
これからも感謝を忘れず楽しくやりましょう!

今後の作業日程は
  6月23日(㈬
  7月は7日(㈬ 16日(金) 23日㈮ 
  いずれも午前9時からです。

  なおこの時期は作物の成長が早いため、7月2日㈮を臨時の収穫日とします。
  午前9時にお集まり下さい。