2020年10月28日水曜日

2020年10月28日 天白農園日記Ⅱ サツマイモ堀り大会の準備作業・圃場整備

 10月 は旧暦で神無月と呼ばれていますが、雷無月とも呼ばているそうです。それは10月の天気が比較的安定して良い日が続くからだそうです。しかし、今年は全国的にぐずついた天気が多く、天白農園の作業にも影響が大きかったですね。

 今日は久しぶりに快晴のもと、10月31日(土)10時から名古屋市平針学区子ども会を招いて開催するサツマイモ堀り大会の準備作業に取り組みました。

今日の作業は、①圃場の清掃整備 ②タマネギの苗植え ③一部芋掘り ④畝作り

参加者は、 坂野清久農業指導員、石川君子、石川博恵、大庭由美子、川原田みどり、

        黒木真澄、黒木佳子、小林佳子、酒井徳子、鈴木 豊、高柳 貴、土井典江

        中尾武美、増井玲子、山内君子、渡辺道代、長岡一文、古田不佐江、伊藤道子

        山田智和、山田組筆者(土井敏彦)(順不同敬称略)の21名の皆さんでした。 

        

坂野農業指導員から大会当日の進行要領の説明があり、小生(土井)から当日の任務分担を決めさせていただきました。
 
先日(10月23日)切った芋つるを一カ所に集めました。それにしても多いですね!
 
             同 上(圃場整備)
             同 上(圃場整備)
 
 
 
大会当日に子供達に土産として 配付する芋を一部事前準備するために芋掘り!大小いろいろでした。小さいとガックリ。大きいと大はしゃぎ。童心に返りますね!この気持ちを子供達と一緒に味わいたいです‼
 
C区画にタマネギの苗植え。もう次の作物の準備です。1年は早いですね~
 
芋掘り作業。今日4畝を堀り、最終6畝を残しました!
 
こちらはA区画で、わけぎ栽培用の畝作りです。
 
今日収穫した芋の分別。大会当日子ども達に持って帰ってもらう芋の一部にします!
 
 
今日は、穏やかな日で気持ちよく作業ができましたね。
当日が楽しみです!
 
今後の予定
  10月31日(土) サツマイモ堀り大会 午前10時から開始
           野良サポーターは午前9時集合し準備に取り掛かる。
           子供会前班 午前10時から10時45分まで芋ほり
           子供会後班 午前10時45分から11時30分まで芋ほり 
           (子供は120名くらい参加予定で、前半後半半分の60名づつで作業)
  11月 6日(金)一般作業
  11月18日(水)一般作業
 
今日も大変ご苦労様でした。
とりあえず10月31日(土)芋ほり大会よろしくお願いいたします。
 
 
 
2020年3月以前の活動内容は、下記URL(天白農園日記)をクリックしてご覧ください。
 
 

2020年10月23日金曜日

2020年10月23日 天白農園日記Ⅱ サツマイモのつる切りと除草作業

 天白農園では今年令和2年5月31日にサツマイモの苗植え作業を行い、その後、周辺の除草・つる返し作業等を進め、とうとう今月10月31日(土曜日)に平針学区子ども会の子供さん達を招いて、サツマイモ堀り大会を実施する時を迎えました。

 今日は、直前の作業となる「芋のつる切り」を雨が降りしきる中、子ども会の役員の方にも参加して頂きながら行いました。また大会に備え周辺の除草を名古屋建設業協会に所属する東海緑化株式会社にも手伝って頂きました。
 
参加者は
野良サポーターから 坂野清久農業指導員、小林佳子、土井典江、中尾武美、長瀬美佐江、
     増井玲子、渡辺道代、山田智和、山田組筆者(土井敏彦)          
子供会から 伊藤聖子、水野梨恵(東1-2)、亀山和美、宮本祐子、鳥海美香、牧 真琴
   (東1-1)、堤 麻記、南浦良子(向の山)、山本あい(東7)、湯浅紀久、明石紀子、朝倉あず   み、(中1-1)、名古屋建設業協会から東海緑化㈱の熊本さん(順不同敬称略)
計 21名の皆さんでした。
 
 

D区画のサツマイモ畑の様子(つる切りする前の様子)

 

作業開始前の作業説明

まず東海緑化の熊本さんが機械を使ってつるを切ってくれました。

細かいつる切りは、野良サポと子ども会の役員で行いました。

同 上

芋も顔をのぞかせていましたよ。


 

周辺を熊本さんが機械で除草してくれました。感謝感謝です。


 

農業センターへの通じる径まで清掃してくださいました。

 

このとおり、綺麗に除草してくださいました。

つる切り作業完了!皆さん 雨の中 ご苦労様でした。

次回の作業は、10月28日(水曜日)午前9時から 芋ほり大会の準備作業

10月31日(土曜日) 芋ほり大会当日

11月の作業予定日決定

   11月6日(金) と18日(水) 午前9時からです。

追伸

 最近 ブログ作成の環境が悪く、上手く入力出来ず、文字が大小になったり、段落がおかしくなったりして見づらいことをお許しください。

 

 

 

 
 

2020年10月9日金曜日

2020年10月9日 天白農園日記Ⅱ 芋掘り大会調理用の芋掘り作業

雨にも負けず作業に参加して頂きました元気な野良サポーターの面々です!

 10月31日(土)に開催予定の芋掘り大会の調理に必要な芋を確保する必要があることから、今日は台風14号が近づき雨の中を野良サポの皆さんに少し無理して頂き、一部芋を掘る作業を行って頂きました。掘った芋は甘みを出すため当日まで名古屋市農業センターに保管して頂きます。

 
今日の参加者は11名でした。                                            坂野清久農業指導員、石川博恵、大庭由美子、鈴木 豊、土井典江、中尾武美、 
   増井玲子、山内君子、長岡一文、山田智和、山田組筆者(土井敏彦)(順不同敬称略)
 
 

芋のツルを鎌で切るのは大変ですね!腰は痛くなるし、自分の身体を切ったり他の人に怪我を負わせてしまう恐れがあります。少し離れて注意しながら作業しました。

 

「ツルがしっかり伸びていますね。」と喜んではいられません。ツルに栄養分が行き過ぎ、芋が育っていないこともよくあるそうです!確かに実感する点もありました。

ホラ!収穫で~す。自分達で育てた作物は格別ですね!うれしーい!


大きいと歓声が上がり、小さいとため息。雨が降っていましたが、実に楽しい作業でした。子供に還ったような楽しさがあります。早くこの感動を子供たちにも味わせてやりたい思いで一杯でした。

 

大小いろいろですが、一応当日の調理分は確保できました。当日は参加する子ども会の皆さんに蒸かした芋を食べて頂こうと思っています。さて美味しいかな?楽しみです。

今後の作業は

臨時で10月13日(火)午前9時から、ダイコンを植える予定です。あくまで臨時ですので、無理をなされぬようにお願い致します。

正規の作業日は10月23日(金)午前9時から、大会準備でサツマイモのつる切り作業です。この日は名古屋建設業協会の方にも手伝って頂きます。

10月28日(水)午前9時から、大会の準備。

10月31日(土)平針学区子ども会の皆さん120人を招待して芋ほり大会 (予備日は11月1日)

雨が降り、泥だらけの中、大変ご苦労様でした。大会当日は快晴を期待しましょう!

 

2020年3月以前の活動内容は、下記「天白農園日記」のURLをご覧ください。

http://tempaku-nouen.blogspot.com/


 

2020年10月2日金曜日

2020年10月2日 天白農園日記Ⅱ タヌキかハクビシンのいたずらか?


 昨夜 の中秋の名月は実に綺麗でしたね。一句 吟じたくなる心境でした。

いよいよ31日土曜日にサツマイモ堀り大会の開催を予定している10月に入りました。大会に向けて平針学区子ども会の役員の方々と連携を密にしながら計画を練っていきたいと思っています。

 清々しい秋空の下、沢山さんの野良サポーターの皆さんにお集まり頂き作業を行いました。

初めに坂野清久農業指導員から大会までの作業日程と今日の作業内容の説明がありました。

今後の予定

  • 10月9日(金)  大会当日のふかし芋用にサツマイモ200個を堀り上げ、名古屋市農業センターに預かって頂き洗浄してもらう
  • 10月23日(金) 名古屋建設業会に協力してもらいサツマイモのつる切り作業と草刈り等圃場の整理
  • 10月28日(㈬ 大会の最終打ち合わせ、任務付与、立ち入り禁止区域の設定、圃場周りの清掃
  • 10月31日(土) 芋ほり大会(予備日 11月1日) 

今日の作業内容は、

  • B区画の一部に高柳さんから頂いた珍しい?ダイコンの種まき
  • 夏野菜ナス・キュウリ・トマト栽培に設置した棚の撤収作業
  • ニンジンの間引き
  • C区画でタマネギ栽培用の畝作り マルチ張り
  • 周辺の除草

今日の参加者

  坂野清久指導員、大庭由美子、川原田みどり、黒木真澄、小林佳子、酒井徳子、鈴木祝子

  鈴木 豊、高柳 貴、土井典江、中尾武美、増井玲子、山内君子、長岡一文、古田不佐江、

  伊藤道子、山田智和、影山悦子、山田組筆者(土井敏彦)の19人でした。(順不同敬称略)

 

 

 朝礼。坂野指導員から今後の作業日程と今日の作業日程が説明されました。
 
 B区画で高柳さんから頂いた珍しい?ダイコンの種まき。果たしてどんなダイコンか。楽しみです!
 
棚の取り外し作業。夏の任務終了。でも秋ナスは健在でーす。
 
今日もニンジンの間引き作業。ニンジンの葉も美味しいですね‼ 炒めたり天ぷらで。
 
タマネギ栽培用の畝つくりとマルチ張り。先回しっかりと肥料もまきました。
 
 
圃場周辺の除草。これが大変なんですね。皆な一生懸命。少人数だととてもやる気が出ませんが最近は男性野良サポが多く助かります!
 
悲しいお知らせです。農作業にはいろんなことがありますね。C区画に植え順調に育っていた落花生(高柳さんから頂いたもの)が人間の共存者として認めている動物 タヌキかハクビシン?に荒らされ、栽培不能になりましたので撤収しました。誠に残念!でも動物を敵視しない優しい野良サポーターのメンバーです。次回への参考事件にしたいと前向きです。
侵入者からきっと恩返しがあると思っています。
 
子ども会の役員の方が6人お見えになり、コロナ対策も踏まえた当日の要領を検討いたしました。
今後も検討を重ねていき、子供達にとって安全で楽しい芋ほり大会にしていきたいと誓ったところです。
 
野良サポーターの皆さん、子ども会役員の方、大変ご苦労様でした。
 
次回の作業は、臨時ですが10月9日(金)午前9時からです。
 
 
2020年3月以前の内容は、下記「天白農園日記」をクリックしてご覧ください。

2020年9月25日金曜日

2020年9月25日 天白農園日記Ⅱ 秋野菜の種まきと畝作り

 明日の9月26日は、伊勢湾台風(昭和34年 台風15号)から61年目になります。小生は名古屋市南区に住んでおり、相当怖い目に遭いました。父は消防士で前夜から非常招集がかかり不在で、乳児をおんぶした母に手を引かれながら、流水の中を逃げた当時の様子を幼いながらもよく覚えております。

気候変動もあり、年々災害が増えてきております。自分、大切な人の命を守るために、平時から万全な備えが必要です。

そんなことを思いながら平穏で健康でいることに感謝しつつ、雨の中を参加してくださった野良サポーターの皆さんと作業を行いました。

昼前から大雨も予想されたことから、1時間集中して行うこととして、作業を

に限定して行いました。

今日の参加者は、坂野清久農業指導員、石川博恵、大庭由美子、酒井徳子、鈴木祝子、土井典江、中尾武美、増井玲子、古田不佐江、伊藤道子、山田智和、山田組筆者(土井敏彦)の12名でした。(順不同敬称略)

 坂野指導員からイチゴの苗が皆さんにプレゼントされました。この苗は坂野さん自身が育てられたもので、栽培方法が書かれた資料も配付されました。ありがとうございます。イチゴ栽培は難しそうですが、大事に育てます!

 

B区画にダイコンとカブの種まきをしている元気な女子野良サポの皆さんです。時期をずらして収穫を計画していることから、2畝ごと時期をずらして種まきしています!


男子野良サポはC区画にタマネギ栽培用の畝を作っています!お二人の手つきも合っていますね。カメラポーズ?


マルチ張りも坂野指導員の指導の下、頑張っています!


A区画においてニンジンの間引き作業。種の播き過ぎだと今回も指摘されていましたね!

 

タマネギ栽培用の畝作り。タマネギ用のマルチを張り、更にその上に普通のマルチを張り、しばらく寝かせておきます


今後の予定は、

  • 10月2日(金) 除草 ダイコンの種まきなど一般作業
  • 10月9日(金) 臨時に設けました作業日です。今日試しに掘ってみましたところ、サツマイモの成長が少し遅れているようですので、1週間延期して、この日に10月31日の「芋ほり大会」に調理する予定のサツマイモ約200個を収穫して、名古屋市農業センターのご協力を得て保管して頂きます。
  • 10月23日(金)大会の準備でサツマイモのつる切りを行います。
  • 10月28日(水)大会の細かい準備作業
  • 10月31日(土)芋ほり大会 コロナ感染対策のため、子供会の方には時差で来て頂く予定
  • 大会予備日11月1日(日)

です。大会以外は午前9時作業開始です。内容的には、今後名古屋市農業センター、平針学区子ども会の担当者の方と具体的に調整していく予定です。

くれぐれもコロナウィルス感染防止対策を考慮しながら計画したいと考えております。

 

今日は、雨の中 大変ご苦労様でした。少しずつ前に進んでいます。

野良サポの中には、隣接の区からバスと地下鉄を使って参加して頂いている方も見えます。本当に頭が下ります。ありがとうございます。

 

2020年3月以前の作業内容は、下記「天白農園日記」のURLをクリックしてご覧ください。

http://tempaku-nouen.blogspot.com/

 

2020年9月16日水曜日

2020年9月16日 天白農園日記Ⅱ 畝作り、除草と秋野菜の苗植え


 

 暑い暑い夏が終わったと思ったら、台風9号、10号の影響で長雨が続き、この2~3日やっと気持ちの良い 秋を感じたと思いきや、また今晩から天気が崩れるようです。「女心と秋の空」と良く言ったもので、秋の 空模様は変わりやすいですね。秋のすすきの穂が出る頃、丁度この頃の長雨を「すすき梅雨」とか「秋霖 (しゅうりん)」と言うそうです。鬱陶しい雨ですが、文学的には良い響きですね。 しかし、今日は夏の蒸し暑さが戻ったような不快指数の高い一日でした。 そんな中、今日も元気な野良サポーターの皆さんに沢山参加して頂きました。

いつものように、まず坂野清久農業指導員の講義から始まりました。 今日の講義の内容は、気象から見た野菜の生育についてでした。

8月から秋冬野菜の種まきが始まった。しかし発芽に一番適した温度は20℃だが、8月下旬は30℃なので普通では発芽しにくい条件である。しかし天白農園では、マルチをかけたり藁をかけたりし、よく水やりなど世話して頂いているので上手く発芽し成長していると、ニンジンを例にとり説明がありました。

今日の作業内容は、

  • 畝作り(A区画とC区画のタマネギ栽培用)
  • サツマイモ畑周辺の除草
  • ブロッコリーの苗植え、カブの種まき
  • ニンジンの間引き

今日の参加者は、

  坂野清久指導員、大庭由美子、川原田みどり、黒木佳子、小林佳子、酒井徳子

  鈴木 豊、土井典江、中尾武美、増井玲子、長岡一文、伊藤道子、山田智和

  山田組筆者(土井敏彦) (順不同敬称略)の14人でした。

 

作業前の講義状況 9時ジャスト開始。

 
ブロッコリーの苗植えを坂野指導員から実践指導。
 
 A区画での畝作り やる気満々
 

  

除草作業 蒸し暑い中ご苦労様でした!

 


C区画の畝作り タマネギ栽培用でーす。

 

ニンジンの間引き作業。種の播き過ぎと指摘されましたね!

 

除草した結果、こんなに綺麗になりました。北方へも歩けるようになりました。

 

畝も完成。マルチは次回かな?


今後の作業日程は

  9月25日(金) 10月2日(金) 23日(金) 28日(水)

で、いずれも9時から開始です。

 10月31日(土)は、平針学区子ども会の皆さんと芋ほり大会を予定しております。

なお、新型コロナウィルス感染予防のため、参加者に時差で集まって頂くなど現在進行要領を検討中で、現時点 開始時間は未定です。 

 予備日は11月1日(日)を考えております。

大変 蒸し暑い中、ご苦労様でした。

 

2020年3月以前の活動内容は下記「天白農園日記」をクリックしてください。

http://tempaku-nouen.blogspot.com/

2020年9月8日火曜日

2020年9月8日 天白農園日記Ⅱ 畝作りと秋野菜播種

 



 先回8月21日のブログ更新後、お友達から「サツマイモのつる返しって何のためにするんですか?」との質問を受けました。



8月21日の作業 サツマイモのつる返し作業
 
そうか。我々だけで判っていても駄目なんだ。このブログを見ていてくださる皆さんにも分かり易く記載しなければ市民農園の使命は果たせないなと反省しました。
 
改めて「サツマイモのつる返し」とは、『サツマイモのつるは、地面に接触していると節からどんどん根が出てきて、そこに芋を作ろうとします。そうすると養分が分散されてしまい、もともと予定していた根元の芋に十分な栄養が行き渡らなくなり、良いサツマイモができなくなってしまう。そのためにつる返しを行う必要がある』ということです。
 
 さて、今日は小生が所用のため参加出来ず、参加しました小生の妻のレポートによりブログを作成することになりました。
今日は超大型台風10号が中国大陸に去り、東海地方は天候が不安定ながら真夏が戻り、超蒸し暑い日になりました。そんな中を夏バテをものともしない元気な野良サポーターの皆さんが12名参加してくださいました。
 
参加者は、
  坂野清久農業指導員、石川博恵、大庭由美子、川原田みどり、酒井徳子、鈴木祝子、
  鈴木 豊、高柳 貴、中尾武美、山内君子、渡辺道代、土井典江(順不同敬称略)
の皆さんでした。
 
作業内容は
  ・A区画 B区画に畝作りとマルチ張り
  ・B区画にダイコンとカブの種まき
  ・A区画のニンジンの間引き
  ・ナスの枝剪定
 
 
今日ご参加の野良サポーターの皆さんでーす。 元気ハツラツ。
 

 作業開始 A区画の畝作り


A区画の畝・マルチ張りの完成状況


B地区のマルチ張り。皆さん暑い中 一生懸命!


B区画でダイコンとカブの種まき。願いを込めて‼
 
 
B区画の畝作り完成状況。 ここにダイコンとカブを沢山栽培しますよ!
 
 
 

A区画に栽培中のニンジンの間引き作業。 これも重要ですよね。総料理長!
 
 


皆さん。大変蒸し暑い中、秋野菜に向けての作業ご苦労様でした。
皆な汗でびちょびちょだったらしいですね!
その汗は決して皆さんを裏切りませんよ。  
 
 
次回作業予定日は
9月16日水曜日  9月25日金曜日 いずれも午前9時からです。
 
 
 
2020年3月以前の活動内容は、下記「天白農園日記」をクリックしてご覧ください。