2020年6月24日水曜日

6月24日 天白農園日記Ⅱ 除草とジャガイモ等の収穫

 もう6月も下旬に入り、今年も半年が過ぎようとしています。前半はコロナウィルス一色でしたね。
第2波第3波が来ないように祈るばかりです。

 ところで、6月を古語では水無月(みなづき)と言います。
雨が沢山降る時季なのに「水の無い月」とは、どうしてでしょう。諸説あるようですが、水無月の「無」は「の」を意味する連体助詞「な」であり、「水の月」であるとする説が有力らしいです。
そんな梅雨の合間に、今日も沢山の野良サポーターの皆さんにお集まりいただきました。

 今日も初めに坂野清久農業指導員から資料を配付してもらいながら、講義を受けました。
   葉の形が栽培方法の中で水分や湿度に関係し、根の形も同じようなことが言える。
   例えば、キャベツ、ニンジンのような葉が小さくツルツルで切り込んだものは乾燥を好む。
   ダイコン、キュウリのような広く、大きく、毛がある葉っぱの物は水を好む。
   ハクサイはキャベツに比べ大量の水分を必要として、直根をいかに深く下すか、ひげ根を
   いかに張らせることが出来るかがポイント
 などなど教えて頂きました。

 今日の作業は、
 ・主に、サツマイモ周辺、夏野菜周辺の除草
 ・夏野菜と落花生への追肥
 ・ジャガイモ、ブロッコリーと、一部夏野菜(キュウリ、ナス)の収穫
でした。

参加者は、
  坂野清久指導員、石川君子、大庭由美子、川原田みどり、黒木佳子、
  小林佳子、酒井徳子、鈴木 豊、高柳 貴、土井典江、中尾武雄、長瀬美佐江、
  増井玲子、山内君子、渡辺道代、古田不佐江、伊藤道子、長岡一文、
  山田智和、山田組筆者(土井敏彦)
の計20名の皆さんでした。




蒸し暑い中、お集まりいただきました元気な野良サポーターの皆さんです。
 
 
サツマイモ周辺の除草作業は男衆の出番です!


夏野菜周辺の除草作業は女衆の出番です!
 
 
ジャガイモの収穫作業開始 満面の笑み。
 
 
ブロッコリーの収穫(春まきでしたので栽培に苦労しました!)


 
ピーマンの整枝作業。 慣れた手つきですね‼


落花生に追肥。収穫が楽しみですね!


ほら。こんなに綺麗に除草が出来ました。心もスッキリ!
 
今日のジャガイモ収穫 大満足
 
 
その他の収穫。夕食が楽しみです!(ブロッコリー、ナス、キュウリ)
 
 
後片付けも重要なお仕事。道具に感謝を込めて!
 

 
今日のような草取りは地味な作業ですが重要なんですね。
改めてお百姓さんの苦労を実感し敬意を表したいと思います。

梅雨の合間の晴れの日で、蒸し暑かったですが、予定どおり作業が進み良かったです。
除草はやはりマンパワーですね。沢山の参加に感謝します。

今後の作業日は、
      7月10日(金曜日)午前9時から
         22日(水曜日)午前9時から
を予定しております。

明日から本格的な梅雨の再開のようです。皆さんご自愛ください。
今日も蒸し暑い中大変ご苦労様でした。


2020年3月以降の内容は、下記「天白農園日記」をクリックしてご覧ください。
 http://tempaku-nouen.blogspot.com/
 

 

2020年6月10日水曜日

6月10日 天白農園日記Ⅱ 除草と整枝剪定作業

 今日6月10日は時の記念日です。日本書紀によれば、西暦671年新暦6月10日に、天智天皇が日本で初めて設置した水時計で時を刻み、鐘を打ち鳴らしたという記述があるそうで、それをもとに、1920年、東京天文台(現在の国立天文台)と生活改善同盟が「日本国民が時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と制定したそうです。
 天白農園の周りでは草木が茂り、その成長が時を知らせてくれているようです。
そんな緑の中、今日も元気に沢山の野良サポーターの皆さんにお集まりいただきました。

 初めに、坂野清久農業指導員から、資料を配付してもらいながら
   減農薬栽培 (キャベツとレタスのように、違う野菜を組み合せて栽培することで、
   害虫の飛来を抑制させることが出来る)など
の講義を受けました。

 今日の作業は、
・C区画(スイカ、里芋、落花生を植えた場所) D区画(サツマイモを植えた場所)の除草
・スイカへの追肥
・ジャガイモの一部収穫
・ナス、キュウリ、トマトの整枝
でした。

参加者は、
  坂野清久指導員、大庭由美子、川原田みどり、黒木佳子、酒井徳子、鈴木 豊
  土井典江、中尾武雄、増井玲子、山内君子、渡辺道代、古田不佐江
  長岡一文、山田智和、山田組筆者(土井敏彦)
の計15名の皆さんでした。
 なお、山田智和さんは小生のお友達で、今日から野良サポに加わって頂きました。
非常に心強く思っています。しかし無理をせずお手伝いください。


今日も坂野指導員の講義から始まりました。ソーシャルディスタンスを意識しながら。


 
C区画 D区画の除草作業。蒸し暑かったですね!
 
 
ジャガイモの収穫。女性野良サポに笑みがこぼれます。
 


キュウリの出来はどうかな?               
 
 

スイカ畑の除草と追肥
 
 
スイカへの追肥。大きく育ってくださいね!
 
 
C区画へ新たに畝を作りました。耕運機姿が様になっていますね!

上記 畝にマルチ張り。

坂野指導員による夏野菜の整枝・剪定 実地指導。
皆さん熱心に聞いています。

 
 
 
作業中はなんとか天気がもってくれました。
しかし、とても蒸し暑っかったですね!
 
いよいよ明日あたりから梅雨に入ります。自然現象も時を教えてくれます。
この自然の恵みに感謝し梅雨を楽しみましょう!
 
 
次回作業は、
      6月24(水)日午前9時から
7月は
     10日(金)午前9時から
     22日(水)午前9時から
を予定しております。
 
今日も大変ご苦労様でした。
 
 
2020年3月以前の内容は、下記「天白農園日記」をクリックしてご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2020年5月31日日曜日

5月31日天白農園日記Ⅱ サツマイモ苗植え

  5月半ば過ぎに、卯の花を腐らせる(くたす)ほどシトシト降り続ける雨のことを「卯の花たくし」と呼ぶらしいですが、今日は朝からまさにそんな雨模様でした。

 毎年この時期 私たち天白農園(名古屋建設業協会が運営)では、平針学区子ども会連合会の子ども約150人くらいをお招きし、名古屋市農業センターのご協力のにもと、サツマイモ苗植えイベントを行っています。しかし、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、イベントは中止とし、野良サポーターと子ども会役員の方だけで実施することになり、本日実施いたしました。
雨がシトシト降る中、今日も沢山の方々が参加してくださいました。

 初めに、坂野農業指導員から、配付資料を示しながら
   今日行う「サツマイモの斜め植えの方法」
の講義を受けました。
今日の作業は
  品種 ベニアズマ400本とベニハルカ400本
  植え方 斜め植え
  畝列  13畝(一畝2列) 一列 30本
でした。

参加者は、 
・野良サポーターから
  坂野清久指導員、石川君子、石川博恵、大庭由美子、影山悦子
  久野久代、黒木真澄、黒木佳子、小林佳子、酒井徳子、鈴木祝子
  鈴木 豊、高柳 貴、土井典江、中尾武雄、増井玲子、山内君子
  渡辺道代、長岡一文、古田不佐江、藤井博治
  山田組(山田厚志、山田洋二郎、筆者 土井敏彦)
・平針学区子ども会連合の役員から
  亀山和美、宮本祐子、牧 真琴、湯浅紀久子、堤 麻記
  牧島厚美、繁原裕子、子供さん3名
 (順不同敬称略)の計34名の皆さんでした。
  
 なお、影山悦子さんは山内総料理長のお友達で、今日から野良サポに加わ
 って頂きました。無理をなされずにお手伝いをお願い致します。

坂野指導員から、斜め植えの方法を教えてもらう。
角度30度 正確に 厳しく!  心はとても優しい方です。
  
竹の棒を斜めに差し、水を注入し、苗を穴に沿って入れ、土を被せる。
 

 


雨の中 黙々と作業していまーす。中腰が大変でしたね!


子ども会の役員の方へは、坂野指導員が別に詳しく教示されました。
子ども会の役員の方。 雨の中 本当にご苦労様でした。


子ども達にも実践してもらいました。大きく育つといいね。美味しいよ!


13畝 800本苗植え完了。


野良サポーターの皆さん、雨の中 大変ご苦労様でした。今日はこれで解散・・・


サツマイモの収穫予定(芋ほり大会)
 2020年10月31日(土曜日)
 予備日11月 1日(日曜日)
 現時点子供会の子供さん方の参加を予定しておりますが、今後のコロナの感染状況

 を見て判断したいと思っております。

苗植えから芋ほり大会までの作業予定
 ①畝間の除草作業は、7月初旬
 ②つる上げ作業は、8月と9月
 ③参加人数分の焼き芋用の堀上げは、10月初旬
 作業日は、近づいてきましたら随時このブログでお知らせいたします。

6月の作業予定日
  6月10日(水曜日) 午前9時から
  6月24日(水曜日) 午前9時から
です。

秋の収穫が楽しみです。
今日は雨の中、また中腰の作業、本当にご苦労様でした。


2020年3月以前の内容は下記「天白農園日記」をクリックしてご覧ください。
        http://tempaku-nouen.blogspot.com/






2020年5月27日水曜日

5月27日天白農園日記Ⅱ 圃場整理、夏物野菜への追肥

 東京を含む5都道県の新型コロナウィルスの緊急事態宣言が5月25日解除されたことにより、これで全国すべて解除されました。しかし、第二 第三波の発生が懸念され、三密を回避するなどこれからも油断することなく、ウィルスの終息に向けて前向きに頑張っていきましょう。そんな中、今日も多くの野良サポーターの皆さんと、先回からサツマイモ苗植えの準備を兼ねて平針学区子ども会の役員の方が天白農園に参加してくださいました。

 初めに、いつものとおり坂野清久農業指導員から講義を受け開始しました。
今日の講義の内容は、資料を配付して頂きながら
 トマト、スイカ、ナス、キュウリなど夏物野菜の追肥、摘芯、整枝
についてでした。

いよいよ4日後の5月31日(日)にサツマイモの苗植えを行うことから
今日の作業は
 サツマイモ用の畝及びその周辺の草取り 
 エンドウの片付け、玉ネギの堀り上げ
 モロヘイヤの種まき、落花生の苗植え
 夏物野菜への追肥・摘芯・整枝
などでした。

今日の参加者は
・野良サポーターから
  坂野清久農業指導員、石川君子、石川博恵、大庭由美子、黒木真澄
  黒木佳子、小林佳子、酒井徳子、鈴木祝子、鈴木 豊、高柳 貴、土井典江
  中尾武美、増井玲子、山内君子、渡辺道代、長岡一文、古田不佐江、伊藤道子
  山田組筆者(土井敏彦)
・平針学区子ども会連合から
  齋藤恵子、太田明子、坂倉与美、松本美樹、子供6名
(順不同敬称略)の計30名の多くの皆さんでした。

今日も坂野指導員の講義から始まりました。

ブロッコリーへ追肥 茎の周り 4カ所へ8-8-8.

エンドウの片付け。 エンドウさん、とても美味しかったよ!

子ども会の方が、今回も丁寧に畝間の除草をしてくださいました。
暑い中 ありがとうございました。こども達6名もありがとうね!

こちらもエンドウの片付けで~す。感謝を込めて!

落花生の苗の植えです。高柳さんの差し入れでした。いつもありがとうございます。
収穫が楽しみですね!

ジャガイモ畑の除草です。二人仲良く!

A区画の一部にモロヘイヤの種を播きました。栄養たっぷり。 

坂野指導員がスイカの整枝作業を実践指導してくれました。

ピーマンの整枝作業指導。

今後の予定
 5月31日 日曜日 雨天決行 サツマイモ苗植え 
    午前9時に野良サポーター集合、午前9時45分に子ども会の役員の方集合
    野良サポーターの皆さんで、ユニフォームの赤いエプロンをお持ちの方は
    ご持参ください。

 6月の作業予定
  10日(水曜日)午前9時から
  24日(水曜日)午前9時から


2020年3月以前の内容は、下記「天白農園日記」をクリックしてご覧ください。
http://tempaku-nouen.blogspot.com/